週刊少年チャンピオン2018年51号

板垣巴留BEASTARS』/ジジイかっけえ…。この祖父にしてこの孫ありでしたか。じいちゃんの理屈はもっともで、例えば、いわゆるトロフィーヒロイン描ける力量の作家がいないだけの誌面を、ジェンダー的に進んだ少年マンガ誌!と強弁するとかどんなギャグだよっつうね(何の話だ)。

桜井のりお『ロロッロ!』/めんどくさいオタクの自意識なあ。本屋で働きつつ二次創作しながら『重版出来!』に敵意燃やしてるのとか、私達が吸死をホモ消費するのは正義だが販売側がそういうプロモするのは許せん!なのとか、コミケ佐渡川準に土下座したのを武勇伝気取りで言ってるのとか?一般人をチンパンジーと聞き違えるのはわりと絶妙なネタでは。あと、ふしぎ研究部とギャルキャラの登場かぶってるけどこっちが上ですね(素)。

板垣恵介『バキ道』/解説役が光成と護衛だけでは荷が重そう。また休載か。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/天井貼りつき。強いのか、それ。

●中村勇志『六道の悪女たち』/見開きでひさびさにヒロイン登場、なんて絵面だ。梅澤春人の『BOY』も金属バット片手に熊またがってたけど、ある意味近い世界なのかもしれん。『ももえのひっぷ』最終巻みたいな単行本表紙きたりして。
ももえのひっぷ 4
●ニャロメロン『ベルリンは鐘 ヤッホー!』/一コマ、くり返し、メタ、とよいテンポで。

●瀬口忍『ボスレノマ~「囚人リク」外伝~』/結果で力量を示す、いい見開きだな。リクと出会った後だと、もう少し情け見せそうな気もするが。

平川哲弘『ヒマワリ』/作中最大級の急転からさてその後は、と思ったら時間とばすんかい。いやまあ、内面の葛藤とかちまちま描く作風じゃないからこれで正解かも知れんけどさ。作品支持層にとってはこれが、テンポいい!上手い!だったりするのかな。誰かわからないってギャグは、キャラの顔が似たようなのばかりだから、というメタネタだったりしないか。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/自然に乱取り出るのがこいつらならではの日常。割って入ろうとしてた早苗とかほめられてうかれる南雲とか、こういうのぞかせ方が描写の妙よ。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/前回からの落差で思うに、ナギリが割と人の役に立ててるのは能力の単純さ故でもあるよな。あと、考えてみたら『団地ともお』作中作「スポーツ大佐」の作り手の存在を一切匂わせない構成すげえ特異だよな、と思った。

●灰谷音屋『ジュニオール』/超技能なれど不慣れな二人で、物語としての展開も作るわけか。対する“自由”の発揮しどころか。/あと、1巻読み返して設定忘れてたのに気づく。以前書いた初戦云々の感想はこっちの勘違いです、すいません。

増田英二『週刊少年ハチ』/そういう結果かあ。まあ賞とるにせよ編集つくにせよ、掲載されない内は始まってもいないとは言えるわけで。(コミックビームだって新人賞あたえるだけなら、石黒正数とか三島衛里子とかいてですね…。)柴田ヨクサルの場合は、編集から新人賞もらうか即連載するか選ぶよう言われて、即断で『谷仮面』始めたそうだが。次回最終回。もうちょっと尺あったら落選展開もあったかな、と思わんでもない。


  • レジェンド作品は『エコエコアザラク』『学校怪談』。後者の紹介文は、もうちょっとこう、作者について触れるとかさあ。
  • 85年チャンピオン書影は『Let'sダチ公』。現コミックビーム編集総長・奥村氏の初担当作品、だったはず。
  • 編集後記、10年ぶりに頭金髪にして娘が口きいてくれなくなった来年40の編集者って…。

月刊コミックビーム2018年12月号

  • 『生理ちゃん』のポップ(?)な表紙めくると、とじ込み付録の生理ちゃんステッカーと、表2のホラー映画『来る』広告並んでる絵面がなんというかだな。


    

  • 付録により今号は80円値上げ。本当、ビームといえど昔は余裕あったんだな…。



●小山健『生理ちゃん』/新連載。生理のキャラクター化。のっけから苦い、無理解であることのつらさ。意外と、と言っては失礼だが、この手の叙情を上手く見せてくる作家性なんだよな。

いましろたかし『未来人サイジョー』/かつてのモラトリアムも今や搾取される側というかね。主題となるタイムスリップのきっかけが嫌すぎる。

●作:狩撫麻礼、画:いましろたかし『平成地獄ブラザーズ ハード・コア』/第1話特別再録。落下の夢からの幕開け。雰囲気から連想したのだが、掲載時期的にも『宮本から君へ』と重なるんだよな。

松田洋子『父のなくしもの』/新連載。その人の死を描いた読み切りから、こういう物語に続くのか。松田節がエッセイにおいてもより重く切なく。

三宅乱丈イムリ』/細緻な内面描写の回が続いたが、今回は設定にまつわる内容。ラルドの意志はこのような形で継がれるか。イムリ達のこの光景も、出てきたの1巻以来になるのでは。壮大な円環の落着に感嘆。

●田辺剛(原作:H.P.ラヴクラフト)『時を超える影』/出現。次回最終回。

●伊図透『銃座のウルナ』/修羅の姿ながら、描写に矛盾が見られるあたり幻想なのかな。背景からするに前回の終盤から。

三家本礼『血まみれスケバンチェーンソーreflesh』/特攻開始、にしてもどういう絵面だ。『土竜の唄』の獅子舞バイクにも近いものを感じる。

桜玉吉『財布がぼろい』/確かに物との縁を感じる瞬間というのはあるよね。

丸尾末広トミノの地獄』/大見得切って決着ッッ、という感じだが。次回最終回。

●原百合子『繭、纏う』/断絶を示す笑顔がつらい。前回で“誰か”のものだからこそ願いの象徴とされた制服が、ここでは明確な相手がいるからこそ束縛としてあると。今、繭を纏っているのは彼女の方であり。

新井英樹『KISS 狂人、空を飛ぶ』/ただただ地獄の日々。悪意や悪ふざけとしての描写の内は、まだ作為、メタとして読めてたわけだよな。

●谷口菜津子『彼氏と彼女の明るい未来』/この追い詰められ方はアカンわ…。

羽生生純(原案:片桐健滋・梅本竜矢)『ルームロンダリング』/最終回。おっと、シリアスな危機感出しておいてそっちに落としたか。ハッピーエンドである。縦長コマ連続による、スピード感と異なる構図の接続が秀逸。作者の旧作を知っているからこそ翻弄された感はあるが、楽しめた。お疲れ様でした。

上野顕太郎『夜は千の眼を持つ』/小学館学年誌の70年代投稿コーナーのパロディ。これが意外なくらいに「わかるか!」とはならないというか、自分が読んでた80年代の学年誌にも残ってたんだよな、このノリ。プレゼント品集め行脚とか(笑)。ただ作者の回想とは逆に、私の場合は5年の時に学年誌から学研の「科学」へ移行しており。/中身は前半が夜千的にもなつかしいノリのルポネタ。後半は漫画家や編集によるネタを受けての投稿コーナー体裁。さらに読者からも同様のネタを募集。このアドリブというか生の筆致の面白みは、やはり愛だね。/あと、この企画に関してか、巻末コメントで西尾雄太がビームにおける懐かしの読者コーナーネタを。はわわモリオカは現在ハルタ誌で福島聡を担当中です。


週刊少年チャンピオン2018年50号

荒達哉『ハリガネサービスACE』/シリーズ新章、新連載。やっぱりチートは強いぜ!はい。で、日本画風の顔つきな面子のやられ役一掃したところで、なにやら“グローバル”な要素もちらついているが。少年マンガが海外編においてパワーダウンする現象は、民話的な文法だからこそ起きるのであって、最初からチートならどこ吹く風、ということではあるのよな。無垢よりトラウマ持ちの方が強い(というか作者の筆がノリノリな)世界観だし。描き込み減った印象受けるのはあえてなのかな。/あとブロック時に大仏のビジョン浮かんでるけど、かつて大仏サーブという技出てきた卓球マンガもありまして。
球魂(4) (ヤングサンデーコミックス)
板垣恵介『バキ道』/バランスの問題か。鮫島で言ってた摺り足からの強さにも通ずるのかな。オリバがパックマン(わたしはマルになった!!)で対抗してきたらちょっと面白い。もう相撲じゃないけど。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/相手の骨も武器、痛い痛い。

西修『魔入りました!入間くん』/「己(うぬ)」の用法おかしいよな、やっぱり…。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/で、角に精液ぶっかけるのと肛門に角ぶっ刺すの、どっちが好評なんですか?

●ニャロメロン『ベルリンは鐘 ヤッホー!』/よく知らないが、たぶんレヴュースタァライトネタ。地口。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/画太郎トラックネタをさらにメタ化だと…。

板垣巴留BEASTARS』/食肉の事実が隠されることで成り立つ学園生活、とユートピアとしての側面はやはりあるんだよな。で、そっちかー。サブタイトルがまたシニカルというか。

●中村勇志『六道の悪女たち』/そっちなのかよ。アイテム頼りでは理解者たりえなかった、ということではあるのかも。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/そもそも催眠の範疇だったのか、それらは。まあ腐っても吸血鬼の能力と。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/始まるワクワク感。いや、本当に全ページ視線誘導の技巧がキレキレなので、試しに“(構成・構図・コマ枠・物や描き文字や吹き出しの位置取りにより)自分の目線がどう動かされているか”を意識しながら再読してみてほしい。
/もちろん、ページ単位ではなく“めくり”またいでの構成も上手いわけで。

   

→たとえば、見開き中の左ページで不安定な構図からの、ページめくると視線直下、構図反転をはさむも枠線はみ出してキャラ入れ換えつつ重ねてスムーズに。

   

→あるいは、ページ五段にわけ、四段目まで人物に寄っていく絵面、四段目は顔と動線のみ、五段目は左と下方向に断ち切りのコマ内で背景のみ、という静寂からのページめくると顔・部位・見せる大ゴマでの技。これらが見開きの“使い方”である。

桜井のりお『ロロッロ!』/ハナ肇(古い)。で、そっちかー。いい人だけどね、トミー先輩…。内語こじらせキャラがようやく出てきたか、とも。

●瀬口忍『ボスレノマ~囚人リク外伝~』/新たな敵、と普通に長編連載で続ける予定なんだろうか。

佐藤健太郎魔法少女サイト』/チャンピオン掲載まで読んでないんだけども、実は双子百合だった!というのは確かにまあ衝撃かも。萌え属性の血縁化(意味不明)。

平川哲弘『ヒマワリ』/そう来るかあ…。ある種の現状維持としての、共にいたい、という希望と、過去から保持していた自己実現としてのそれでは、後者が確固としてあるのも道理なのだが。しかし、前回ああ言っておいてなんだが、本当にそっちが勝るとは。
/そう言いつつ、アニマス24話春香回における“復縁”については称賛している私なんだけどねえ。あれはまず前提に、その回までに配置されまくった布石回収する全体通した構成があって、その渦中の理想なり幻影なりは虚偽だからこそ“おはなし”として真なのであり、最後の幸福な光景も「夢」というダブルミーニングに落とされるわけで、劇場版では全員がその夢から醒めるわけで。同じ脚本家が鉄血のオルフェンズにおいては、「教えてくれオルガ、オルガ・イツカ」と言う“夢を見続ける者”を描くことになるわけで。

●灰谷音屋『ジュニオール』/これも視線誘導を意識した構成が面白い作品。1ページ絵で堂々とファウル、確かに爽快感はある。

増田英二『週刊少年ハチ』/BEASTARSの方のキスシーンと比べると、作風に差出るわな。どちらもその作家らしさではある。モブに見覚えある前作キャラがちらほら…いや、よく見たらすげえいるわ。


  • レジェンド作品は『日本沈没』『BMネクタール』。前者は初めて知った。あと誌面紹介、「のちに~ブレイクする小林よしのり先生」て、もう『東大一直線』描いてたでしょ。
  • 表3自社広告写真集のグラドルは知らないのだけども、10年誌面グラビア張れるってのはすごいね。

週刊少年チャンピオン2018年49号

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/巻頭カラーか。コマ構成にセンス見られる点はまあ好きですね。

→この見開きも、バン・バン・バンと三連続で場面を見せてくるわけだが。右ページにて上コマから下コマへ、でワンアクションとその結果。ノドまたいで、左ページ右上の一コマ目にてワンアクション、コマ枠線またぐ所で同じ瞬間の別部位。左ページの二~三コマ目にて上から下へ、でワンアクションとそこからの連続動作。
/行動とその結果(すべて球技だ)を、分節として読ませる構成の一貫性。また、それらを視線の流れの中で無理なく読ませる位置取り、構図、コマ割り、集中線による効果。くわえて、それらのアクションと結果の描写が、構図の回転、瞬間のスクロール、アップからロングのショットへ、とそれぞれ異なる見映えであること。これをこなせるのは、やっぱり構成力あるからなんだよなあ。

→で、それをめくるとこのページである。異なる三つのコマであり構図を、特大オノマトペ「キャ~~♥」で接続。瞬間の連続で擬音しかなかった(無声の)カッコいい体の見開きからの、肉声・絶叫。この落差も巧い。
/でも私は本編の展開自体にはそこまで関心ないので、いい読者ではないよ。(正直)

板垣恵介『バキ道』/その溜め台詞でギャグかよ。オリバの廻し姿は、バキのアニメ化で柔道着姿見返してやりたくなったとかでは。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/空道、弟子(?)も使えるんかい。柳の株さらに下げてないか。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/浦安世界にも事故現場をスマホで撮影するようなモブがいるのか…大人視点のネタだからか?あー、タバコ値上げなあ。なんか大鉄もダウナーなノリの回だが、作者の気分的にもいよいよキツいのかな。オチのしょうもなさが流石。

●ニャロメロン『ベルリンは鐘 ヤッホー!』/強者ペダル。

板垣巴留BEASTARS』/バイト生活編開始。こちらの職場も濃い面子のドラマになりそう。食肉を勘づかれるのは、より“現実的”な社会ということではあるのかな。異種族婚については戸籍を気にしなければ、か。そこまで生態として影響出るんならなあ。じいちゃんの毒分けは『囚人リク』の血の盃感ある。

佐藤健太郎魔法少女サイト』/オゲブリオゲブリ(地獄甲子園)。

●中村勇志『六道の悪女たち』/この展開のための前フリか!正直、ここしばらく迷走してんなあ、と思ってた。そして作者コメント、乱奈は遭難中なのね…。

●瀬口忍『ボスレノマ~「囚人リク」外伝~』/商売に寄付に若い代行のダブルドラゴンクロス。この緊迫感は絵と字の密度あってこそ。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/戦闘服が気合いを注入する。こちらも主人公と共有したい、という動機か。サブタイトルにあるよう「女神」なわけよな。
/コマ内での細かい遊びが楽しいが、これも構成力あってこそ。こちらは長いスパンとカメラワーク芸(=構図・視線誘導)で進行していく状況描写の面白さ。

(画像引用元:https://twitter.com/Weekly_Champion/status/1057591814369275904)
→冒頭のこのコマ構成も、視界内での映像としての流れと漫画としての分節、両方の読ませ方が入っている描き手だからこそできるわけで。話の本筋を読ませつつ、余技も見せていく技巧。

平川哲弘『ヒマワリ』/結局どいつもアイドル目指す動機フワッとしてるなあ、とは思ってたし書いてきたので、自覚した昔からの夢という顕現と、ここで対峙させるのは正しいと思えるが。

●灰谷音屋『ジュニオール』/勝負にエゴは大事。見せ場はきっちりカッコよく描いてきたな。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/レイニーデイ・ドリームアウェイ(感覚を定着させる能力)。あれ、やってることが普通の吸血鬼、イコール作中最強の敵なのでは。『ヴァンピール』という、血を吸う為に町の住人の生活スケジュール把握して好感度上げていく激ムズゲームもありましたが。

桜井のりお『ロロッロ!』/どこでフラグ立ってるんだよ。親以外に恥じらい覚えるということは、このロボットには家族の概念がある(のかも)。

増田英二『週刊少年ハチ』/あ、これは終わりそうだな、『さくらDISCORD』メソッドに入ってる。アリス先輩のハグは、あれも恋愛感情じゃないから、という念押しなんだろうか。ハチが“弱者”として同志からの言葉かけられてますが、まあ私も不器用な作家が才能芽吹かせるのは嫌いじゃないですよ?同人時代のお友達ってだけで質も問わずに作家の肩持ってみせるのとかはけったくそ悪いけど。

木々津克久『開田さんの怪談』/シリーズ連載最終回。ハロウィンネタ。普通に不思議体験オチなのだが、それはライバルの怪談(体験談)によるもので、開田さんの話は人間の悪意にまつわる(そして言霊的に危機を招く)というのがミソかなあ。前回のオチと連続感あるのはわざとなんだろうか。


  • レジェンド作品は『ふたりと5人』『実は私は』。
  • 次号より『ハリガネサービス』再開。で、新刊表紙絵はそのちょろい敵プッシュでいいのか。結局、主人公チーム側が監督から言われてた改心させて的なお願いは棚上げに終わったんだよな…。

月刊コミックビーム2018年11月号

  • 巻頭カラーは、『ハード・コア』特集としてシーン集と映画化までの経緯解説。「奇跡の映画化」と打ちたくもなるな、これは。



いましろたかし『未来人サイジョー』/新連載。オリンピック後の近未来日本、という閉塞感のイメージ。主人公の『まんが極道』じみた境遇がまた別ベクトルの重さでからみ合う。そうだよな、ストーリーものでもこのやりきれなさが持ち味だもんな。

●田辺剛(原作:H.P.ラヴクラフト)『時を超える影』/謎機械を使う謎生物集団の見開き、よいなあ。『恐怖の山脈にて』読者にとっては、古代と未来、前作主人公と本作主人公、という対比の光景。

西尾雄太『水野と茶山』/新連載。『繭、纏う』読んで、俺にも百合がわかる!と思ったけれども、これ読むにやっぱりよくわかんないぜ(正直)。なんか絵柄メインのハルタ作家にありがちなカットバック文法だけども(ちょっと前のビーム誌面なら志村貴子?)、こっちは意図のもとやっているのはわかる。その核自体は見せたくないのね。

三宅乱丈イムリ』/選択する時。人の心が伝わり燃える様が静かに熱い。この説得を冷静な信念として描く為にこの紙幅は必要だったし、だからこそ、その物語の内圧は揺るぎない。俺達は地蔵じゃねえっ…人間だ…!(ごめん、言いたかった。)

三家本礼『血まみれスケバンチェーンソーreflesh』/脈絡なきサービスカット(腋毛)。これも百合要素ありはするんだよな…。主人公の一喝も健在。

●谷口菜津子『彼女と彼氏の明るい未来』/VRによる過去の疑似体験、て衆人環視かよ。この体験との対比でタイトルにある「未来」なのかな。

イシデ電『猫恋人』/猫アレルギー。題材的にはもっと早めに出ててもよさそうなネタだが、ここまで練り込むのがストーリーテラーらしさではある。

おおひなたごう目玉焼きの黄身 いつつぶす?』/酢豚のパイナップル。これはかなり難問に思えるが、どう結論づけるかねえ(次号休載)。どくフラワーの設定は後付けだよね?

●オカヤイヅミ『ものするひと』/田舎の夜はコンビニないと闇だからな、本当。

丸尾末広トミノの地獄』/終戦を機に境遇は好転しているようにも見えるが、さて。

羽生生純(原案:片桐健滋、梅本竜矢)『ルームロンダリング』/すんなりといい話でしめさせないのが羽生生節、にしてもテンション変わりすぎでは。霊って便利なガジェットだよな。次回最終回。

●伊図透『銃座のウルナ』/そういう戦いを選ぶのか。原点はぶれず、認識が変わった、生きてきたが故に。

新井英樹『KISS 狂人、空を飛ぶ』/えええ。いやいや、どこに向かってるんだ、この作品。赤ん坊の視界という構図の巧さは流石だが。

●二宮亜子『のんびりたのしく』/読み切り。ソーラークッカーかあ、『ヘウレーカ』の太陽光ビームみたい(おい)。調理に時間をかけるという贅沢ではあるのかもしれん。“自然”の楽しみ方でもあり。
アースダンボール ダンボール製 太陽光調理器 エコ ソーラークッカー 1個 0131
上野顕太郎『夜は千の眼を持つ』/ベンちゃん、そんな姿になって…。まあおなじみ落差ネタなんだけども、このテンポとずらし方が楽しい。

●青色イリコ『ワシとゆきさん』/出張掲載。転生落差コメディ、かつ子供の世界。

●うすね正俊『砂ぼうず』/あっさりと散ってゆく。予想できた展開にしてもつらい。作者コメントにも「描いててつらかったです」と。

●ハセガワM『マリアの棲む家』/元々のグロ系ギミックの絵力に、デジタル処理あわさってさらに気持ち悪い絵面に。すごいな。


  • ビームのニコニコチャンネル閉鎖。資金面の理由ではなく。貴重な映像群は何らかの形で残してほしいが。
  • 次号、松田洋子、小山健が新連載。