週刊少年チャンピオン2019年24号

板垣巴留BEASTARS』/混血、てまんま混ぜるんかい。囚人リクのアレも見方によってはなあ。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/鯉解体&雑調理のイメージの不謹慎さがやたらツボで笑ってしまった。初期のノリだったら実際にやってそうな気もするが。フグオ、真面目かと思わせてひどいオチ。

板垣恵介『バキ道』/なぜ恐竜に学ばなかったのか…そもそも人類と同時代生きてないし。最後の四人、烈先生との入れ替わりで克己かあ。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/桜の対比からの、話術による奇襲。老獪よのう。

●灰刃ねむみ『足芸少女こむらさん』/刃牙と象形拳つながり。現実と熊つながり、の方はちょっと。

●古田朋大『謀略のパンツァー』/初達成がそんなぽっと出ヒロイン相手でいいのか。昇ってくのか。

桜井のりお『ロロッロ!』/ロボ娘がスケベ男子ポジションになるのか。目的はデータ収集だから、エロスというよりプラトニックインベイド的なSF…いやいや。

●中村勇志『六道の悪女たち』/飯沼の説教は正直微妙というか、もうちょっとこう作中の恋愛という概念について筋立てしておいた方がよいのでは。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/最後の舞台になる先輩と、外野として来た新入りが共にいて、そこでこういうエピソードからの逆照射と。

●灰谷音屋『ジュニオール』/ふりだしに戻った、ではすまない精神的ダメージ。空気読まない二人が何を起こすのか、という期待感で次回にひいてみせるのな、しかし。この作品のナレーションの使い方は、ちゃんと距離感の意識された演出として機能していてよい。説明描写や構成の能力ない作家の手抜きとしてじゃなくてさ。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/なんだかホームドラマ風におとしたぞ、と思ったら急展開で、終わり近い?

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/普段から手抜き(と言っちゃうけど、もう)でコピー使ってる作品が、あらためてネタとしてコピー使っても別段面白くはない。

佐藤健太郎魔法少女サイト』/え、魔法少女・オブ・ジ・エンドとのクロスオーバー?途中までしか読んでないんだよな、あれ。

平川哲弘『ヒマワリ』/こう立て続けに見せられると、みんなほいほいアイドルやめすぎだろって感じだが。そもそもこの作風では天才という存在、そこでしか生きていけない才能というものを描きえない、ということではある。

●川端浩典『史上最強のパシリ』/集中連載最終回。面白かったけど、連載するとなると大変そうだよな。キャラではなくネタ勝負の純粋ギャグだし。(まあネタよりもキャラの方が主体になっちゃったギャグ連載もあるけど。)

高橋葉介『学校怪談』/リバイバル掲載。軽妙洒脱、テンポと構成による芸よな。インタビューも冷静というか、発言への自覚性がうかがえる。


週刊少年チャンピオン2019年23号

渡辺航弱虫ペダル』/アヤのカラーページ登場は初?

●中村勇志『六道の悪女たち』/すごい出オチヒロインだ…。普通の恋愛展開ねえ、うーん。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/謝罪が暴力キャラに勝る、という点まで込みで板垣パロではあるかもしれん。

板垣巴留BEASTARS』/一昔前のカップル喫茶、今で言うハプニングバーすか。本能というより、否応なくカテゴライズが染み着いているからこその開放・背徳とも言えようが。

板垣恵介『バキ道』/空想上の合体生物まで体現できるのだから、昔話で相撲とる鬼あたりやってみるのはどうか。

●灰刃ねむみ『足裏少女こむらさん』/バレーは足ありだからね…。

桜井のりお『ロロッロ!』/え、百合要員?いずれ元の体に戻る展開もありそうだが。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/救いの雨。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/↑に続けて雨、て嫌なリンクの仕方だな。よく動くからよく食う。引退が延びた、というには短い期間かもしれないのだが、それでも。

●灰谷音屋『ジュニオール』/強豪。スラムダンクゾーンプレス思い出す。カットに入る描写をコマ・視界に見切れからのぞかせてくる、読者の視線の動き計算された構成がいちいち上手い。

●川端浩典『史上最強のパシリ』/マリファナって…。善悪は関係ないのね、やっぱり。

平川哲弘『ヒマワリ』/さすがに全員やめるって展開はずれてないか。以前から動機面の弱さ言ってたのにもまんま通じるけど。

望月あきら『ゆうひが丘の総理大臣』/リバイバル掲載。昔のマンガだなあ。この人も日の丸文庫出身で少女マンガ描いてたのか。


週刊少年チャンピオン2019年21+22号

板垣恵介『バキ道』/兄弟子然としているけども、指導者としての刃牙を描いていく、みたいな展開にはならないよな。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち -バキ外伝-』/ベルト鞭。鞭打の前座か。

渡辺航弱虫ペダル』/決着。手嶋先輩の述懐が説得力を増してる…のかなあ。これで3年目まで連載続けるのはさすがに厳しそうだが。巻末コメントにもあるが、5年間やってたのか。

板垣巴留BEASTARS』/理想かかげ続けるだけあって、ヤフヤも純真ではある。捜査団に水中生物がいないのは地理的理由だろうが、サグワンの言動からすると犯罪の概念じたい異なりそう。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/女子レスリングで勝利した選手がかけ寄ってきたコーチ投げ飛ばしてみせるようなものか。最後は背景として、その集団の中にとけ込んだ像としてあるのがいい。サブタイトル「拡散」は1話の変顔動画との対比なのかな。こちらは同士ならではの円環という形で。

西修『魔入りました!入間くん』/主人公のみならず、クラス全員チート体質になっていくわけだよなあ…。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/巨大ズボンアクション。小鉄も仁も本来こういうギャグの為に生まれたキャラだよな、と。ふしぎ研究部との背景の差よ。

桜井のりお『ロロッロ!』/ライバルロボ娘出現!たぶんアイツ。

●川端浩典『史上最強のパシリ』/法を破る点は気にしないのか。アウトローだな(?)。

荒達哉『ハリガネサービスACE』/VR描写の微妙さで思ったが、そもそも下平サーブを個人の視界という構図で描写したことないよね。

平川哲弘『ヒマワリ』/なんだその犯罪スキル。

●灰谷音屋『ジュニオール』/明暗。悪い目上というのは、こういうずる賢さを描いてくれないと。ある種、主人公勢の内実はもういっぽん!とも通ずる。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/おじさんかわいい、で女性票かせげそう。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/ショタかわいい、で女性票かせげそう。

●古田朋大『謀略のパンツァー』/何このメガネ巨乳幼なじみヤンデレ展開…。

曽田正人シャカリキ!』/リバイバル掲載。弱ペダでの決着と同じ号にこれを掲載とは。作者もツイートしてるが、熱狂としてあるのは周囲のモブ・サブであって、その様をこそ活写してみせる筆致がおはなしの地平として立つわけだよなあ。主人公という台風の目は純真であり、無垢であり、怪力乱神であり。あと、ひさびさに見たけどやっぱり鈴子さん美人。/インタビューも、いきなりドカベン31巻の話から入るってのがすごいね。熱い。


石黒正数木曜日のフルット』/平成最後の日。特に何もしませんでしたが、とりあえず平成アイマス楽曲大賞は楽しみです。


  • レジェンド作品は『代打教師 秋葉、真剣です!』『24のひとみ』。ひとみ先生はインパクトあったな。
  • インタビューはEXIT。ゴッドタン効果ってのは本当にねえ。
  • こむらさん、パンツァーで電子分冊版を先行販売と。単話売りというとまあエロ系連想するけど、どっちも寸止めみたいな作品だし。
  • ふしぎ研究部の新刊表紙絵、左手が物理法則と人体構造を無視ぎみでグロいな、と思ってちょっと確認したら、2巻と4巻の表紙絵の左手も気持ち悪かったし、5巻は左手がフォントで隠されていた。(1巻と3巻は後ろ手で描かれてない。)


  

アイドルマスター ミリオンライブ!6thライブツアー仙台2日目感想

※キャスト名とキャラ名が混在したテキストとなっております。



●もちろんライブビューイング鑑賞。
●見れなかった1日目でのソロ曲歌唱が出演者の半数のみ。しかもお気に入りキャラの二人、このみさんはイチオシ曲の水中キャンディをひさびさに歌い、茜ちゃんは着ぐるみとのパフォーマンスという新風をこなしたという。この分だと今日歌うのは残りのメンバーか…と多少残念な気持ちで会場へ向かったのは事実。
●衣装やセットリストの衝撃も、1日目で見たかったわー、という後悔。
●心が折れそうな環、進行がドライなひなた。(あらがう稲川英里氏、マイペースな田村奈央氏。)
●フォローと避けたい発言がごちゃごちゃになる田村氏。“脱水症状”発言する田村氏。“リアル宇宙人”呼ばわりされる田村氏。
●四人並んでのガニ股の振り付けは田村氏が一番しっかりこなしていた。
角元明日香氏、桐谷蝶々氏の舞台仕立てステージ。清い。
●「笑って!」は天海春香の曲だけど…というMCに、アニマスのその回のオーコメは雑だったから大丈夫!と思った。(何が)
●可憐は作中では金髪だが、りるきゃんガーリー衣装に黒髪ロングの近藤唯氏も雰囲気はまってた。
●りるきゃん衣装は暑い。
●「Do-Dai」歌詞のぼやきパート、茜ちゃんにはまってる。小笠原早紀氏、流石よ。
●わかっちゃいたけど、4Luxuryメンバーの香里有佐氏、末柄里恵氏、平山笑美氏、高橋未奈美氏、そろって歌うめええ。カップリングの方の攻め曲「RED ZONE」からかましてくるのも然り。強いわ。
●“カンパーイ!”で給水するアダルティ枠キャラ四人。
●「9:02pm」は三浦あずさの美声ドハマりな原曲なわけですが、この四人でついていく!感。あと、このみさんの立て膝座りがセクシーというかエロティックだったんですけど。
●「花ざかりWeekend」のラスサビ入り前でカメラ映像が平山氏で待機してるのは、きたきた!な平山氏の“イッツアライカマージッ、イエエエエ!”の後に“エエエアア!”ともう一段階の変身を残しているのは、もうずるいでしょ。やられるわ。
●1日目で目当てキャラのソロは歌われて残念、と思って来たんだけども。そりゃ末柄氏の「bitter sweet」の可憐さだって好みだものな。田村氏の「りんごのマーチ」も行進や身ぶりが加わり、より可愛らしく。角元氏の「ファンタジスタ・カーニバル」だって楽しいし。平山氏の「FIND YOUR WIND!」はとにかく上手いし、MC中の観客への呼びかけまでビブラート入ってるレベルだし。夏川椎名氏の「Happy Darling」、Machico氏の「ロケットスター☆」という並びは、できあがっているアイドル声優としてもまあ盛り上がること。暑いと言ってた衣装で走り回ってみせるMachico氏のパフォーマンスはやはり経験値の強さなんだろなあ。
●角元氏のMCに、ほろりときてる小笠原氏が見切れてるカメラワーク、よかった。(その後入ってきちゃうんだけど。)
●最後の挨拶で、“一つだけ言いたいことがあります。牛タンラー油がとってもおいしくて…”、“最高においしかったです!…あ、楽しかったです!”とぶちかます麻倉もも氏、底が知れない。
●最後の挨拶、最後にまわってきた順番で、スタッフへの感謝の想いを述べるべく、“メイクさんや、メイクさんや、メイクさんや、メイクさんや…”となってしまったけども、いい話に収まりそうな流れで急に“おーー!”と叫ぶ田村氏。いいんだよ。
Machico氏のMCによる最後のパートへの入りもだいぶグダグダでした。でも、それでいいんだよ。
●あー、楽しかった!以上。


  • ついでに、4thLIVE、5thLIVE、合同ライブハッチポッチフェスティバル、の感想ツイートも過去記事としてあげてます。

週刊少年チャンピオン2019年20号

高橋ヒロシ、鈴木リュータ『WORST外伝 グリコ』/重要アイテムっぽい入りで案外あっさりだが、本編でもそういう扱いの小道具あったな。初登場時の金髪&裸眼も忘れられてそう。

板垣恵介『REVENGE TOKYO』/再収録、ドイル編。挺身と受容の精神に目覚めて変な境地いっちゃった、みたいな。

板垣巴留BEASTARS』/オヤジさん、いい人(ウサギ)!一人きりでいれば怖いものなんてなかったがそこに逃げない、という強さですねALEXANDRITE。

●キャットタング鈴原『さちおくん』/新連載。Twitter発の作品ということで、なんというかまあ、“みんなで共有”できる深度といったらこれくらいなんだろうな、と。あと、誌面としての見開きや小口とノド等は全然意識しない構成になっちゃうんだよな、やっぱり。

渡辺航弱虫ペダル』/3号連続カラーということで、ようやく決着間近か。ゴール向こうの幻影は『デカスロン』思い出しちゃったけど。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/あー、うん、殴りオチもそろそろマンネリだろ正直。(真顔)

●川端浩典『史上最強のパシリ』/集中新連載。パシリキャラというよりは、怖い風貌の善人ネタか。絵の迫力で笑わせるのはよいな。

●中村勇志『六道の悪女たち』/この場合、ポリコレ的には擬似百合展開が正しいのか?

西修『魔入りました!入間くん』/ある意味、モンスター名の単純さは笑えるが。結局、新要素としての成長も描けず、修行パートマジであれだけだったのか、という辺りがテンプレ感なんだよなー。

安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』/絵を描かない私にはよくわからんのですが、一コマの間でキャラ全員の手が左右入れ替わるというのはどういう行程ミスで発生するんです?


→この際、手前の腕長過ぎだろ、というのはおいて。(おいてない)
(※イメージは正常で気づかなかったが、画像破損してたので修正済み。こっちがオチじゃねーか。)

●村岡ユウ『もういっぽん!』/試合中のオノマトペにぶれが入る(決着時の「ダン」には入らない)演出、ちょっとおもしろい。ライバルで同志。髪が抜けるって話は痛いね。南雲の友人もつき合いがいい。

佐藤健太郎魔法少女サイト』/敵味方双方サクサクと。あ、乳首出てる。

桜井のりお『ロロッロ!』/新部長…本当に進級したんだな。スケッチで合作はまずしないと思うが。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/聞いてなかった延ばしかー、うーん。

●灰谷音屋『ジュニオール』/吉村ダメだった。杉浦のカットは試合前との対比、手ごたえかね。後ろから声をかける3コマの構成がちょっとおもしろい。最後に登場したのは相手の新戦力?

●古田朋大『謀略のパンツァー』/そもそも、ヒロインそこまでの怪力属性だったのかよ。ハプニングで決着なー、うーん。

きくち正太三四郎²』/リバイバル掲載。ネタと絵の密度とテンポ、なにより技巧と両立した上で楽しんで描いているドライブ感がすごい。作風的には越智善彦あたりも近い系譜だよなあ。インタビューも楽しい。

石黒正数木曜日のフルット』/元号(発表)ネタ。実在人物の似顔絵は珍しいか。


  • 『ゆうえんち』については編集部からツイッターでおわびが出ていたが、正直どこが問題なのかわからん。