ハルタ 2019-JUNE volume 65

※先々月号です。



丸山薫『図書室のキハラさん』/大きな図書館には古い資料用の殺菌装置もあるそうだが。投げっぱなし壮大オチは絵力あってこそ(連載スペース帯裏だけども)。

佐野菜見『ミギとダリ』/新たに犠牲者が。いや、ガチでサスペンス展開じゃないか。どうなるんだこれ。

なかま亜咲『鉄機のダン』/新連載。下ネタとロボ、相変わらずだ。

九井諒子ダンジョン飯』/扉絵、各々が抱擁する中でライオスお前…。

→毎度本編1ページ目の使い方が導入として上手いわけだが、今回はカブルーとミスルンのやりとりを二人の位置関係は一定のまま(かつ物語の進行方向に視線向けつつ)、アングルの微妙な変化によりメリハリをつけているわけである。
/巨大モンスター登場も、前回のキノコとはうって変わっての迫力。上段見開きコマ(上右左に断ち切り)内、右ページからノド左までに巨大破壊音オノマトペ、左ページにモンスターと破壊された壁。右ページ下段、各々の反応する表情を複数コマで。左ページ下段、下方向に断ち切りの大ゴマでモンスターの胸部より上。その間の表現からページめくると上段、右コマでコマ右方向に枠線からはみ出す巨大足、左コマ内で右上から左下への流線→巨大足、という攻撃描写。
/しかし、他人に意志を託すという情であり覚悟の展開がここで生まれるとは予想外だった。キャラとしての背景、それを包括した世界設定まで描かれてきたからこその帰結・カタルシス・お約束。
/そこから一転、主人公側のパートがノリはコミカル、ディティールとしては同等に濃いというのがまた物語として見事なのだけれども。通信方法は妖精。ミスルンにご飯云々のセリフ、カブルーの足のキノコは布石でしょうな。

入江亜季『北北西に曇と往け』/動物の描写が上手い。話は引き延ばし感ありありだが。

近藤聡乃『A子さんの恋人』/そこで憧れを捨てられないのは美大出身者という内面ぽいよな、とも。

→ノドをまたいで左ページ上段。電話しながら向きを変える、通話相手以外の人に話しかける、という吹き出しと動作の表現。

→めくって右ページ。LINEを打った側と読む側、という吹き出しと視界の表現。

樫木祐人ハクメイとミコチ』/虫キャラの感情描写。設定的にはだいぶツッコミ所だが、まあ溶け込んでいる。

●設楽清人『忍ぶな!チヨちゃん』/告白からこの扉絵への落差はひどい。色恋がバトルにどう出るやら。

森薫乙嫁語り』/お伊勢参り…とはだいぶ違うものか。未知の文化への反応もまた文化。

八十八良『不死の稜線』/ですよねー。

福島聡『バララッシュ』/達成と虚脱感からの導入、そして承認。クリエイターとしての“できるようになる”という感慨は、案外こういうものかも。回想内容はひどいというか、その動機を知っててビシバシ鍛えてくれた上司がえらいよ。
宇部の手叩き、真相、別の道へ。宇部にとっては「俺らの出した企画」で、すでに共同作品でもあったのだよな。実作者と監修者という意識の差でもあろうが。「感謝してるんだよ」のコマが、『ローカルワンダーランド』中にて初出のコマのアレンジというのが、局面としてはまた効いている。
/PIYOPIYOエプロン姿で最大級に物騒なセリフを吐く宮城さん、これが萌えってやつか。(そうかな?)

週刊少年チャンピオン2019年36+37号

●暦『娑婆王』/新連載。バイオレンス。初期衝動叩きつけられた迫力は感じる。

渡辺航弱虫ペダル』/頂点同士だったか。出会いは偶然?

●実樹ぶきみ『SHY』/先週終わった魔法少女サイトの方と、部分的に絵面と設定かぶるような。敵役はこれから出現し始める世界観か。

板垣巴留BEASTARS』/現実・生への実感を持たぬが故にモラルもない、というタイプの悪だよな。内面的にはリズとも彼岸の差というか。ヤクザこわい、てこのヒキで次号巻頭カラーとは。

細川雅巳『逃亡者エリオ』/逃げるんだよォ!なんかキャラ全員淡々としてる印象だが、美形設定のために表情くずせないってことかな。

●カワバタヨシヒロ『魔法少女フラグレス』/読み切り。魔法少女加齢問題というネタが、延々続いてる刃牙の代原として掲載される、先週魔法少女サイト終わったばかりである、作者はアニメ化あわせでブギーボップ旧作をコミカライズしている、といった脈絡あわせてギャグの強度増している。エロメインかと思ったら、ちゃんとネタの転がし方と読ませ方上手いじゃん、面白い。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/強豪。相手チームの見せ方、キャラづけも上手いもんだな。全国大会3戦目の相手ともなれば、こういうしっかりしたレベルの描写を気合い入れて出してくれていいと思うんだよ。(他作品を見やりながら。)

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/映画チャイルド・プレイのリメイクあわせでチャッキーならぬジャッキー人形ネタ。無機物&損壊ネタは楽しいわ、やっぱり。

桜井のりお『ロロッロ!』/水着回であるが、作者の描きたいのは運動少しとメインのちんこネタなんだなっていう。いや、女子の男体への興味(欲情でなくてな)をこうほのぼの描けるのは、それはそれで健全だと思うよ。前回に続き尿キャラかと思ったら実は友情だった、からのデンジャラス(エロじゃなくてな)オチ。

●中村勇志『六道の悪女たち』/こういう、“馬鹿ゆえに追える幻想”としての熱量は好きですね。師匠越えなるか。

西修『魔入りました!入間くん』/伝説のアイテムの手がかりとして歌聞かされたらその歌詞が暗喩やヒントといったレベルじゃなく目印と道順の直接的説明だった!て、このクソ展開はさすがにブラフだよね?

高橋ヒロシ、鈴木リュータ『WORST外伝 グリコ』/学校の外観、もはやどおくまん世界じゃね?

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/プロパフォーマーたる、底の見えないことの怖さなあ。

牛次郎、神矢みのる『プラレス3四郎』/リバイバル掲載。ヒロイン回というかリョナ回というか、人気で選んだらこれだったんだろうか。


  • レジェンド作品は『未来警察ウラシマン』『新 仮面の忍者 赤影』。コーナー最終回で浦安最初期の小鉄のイラスト載るのはなんか良い。
  • チャンピオン感謝祭レポ写真、正面から笑顔の面子の中、山口貴由だけちょっと視線そらしてる所がいい。巻末コメントでは板垣恵介もイベントに明るくふれてるが、原稿の方は落としちゃったんだよな。

コミックビーム2019年7月号

※先々月号です。


  • ビームらしからぬ表紙をめくると、「貞子」広告。

  • 裏表紙広告が3ヶ月連続ギャルゲー、というビーム的には衝撃の事態。先月と同じ広告とはいえ。



音井れこ丸『その時の彼女が今の妻です』/新連載。男女の出会いショート集。

●田辺剛(原作:H.P.ラヴクラフト)『クトゥルフの呼び声』/伝聞という形式も一因であるが、本作は集団なり狂騒なりの描写という点でこれまでの同シリーズとはやや異なるか。

●伊図透『全速力の。』/それのみに生きる人。その結果にあたる一話を思うとな、しかし。冒頭の野球論は、それを立場として語るこの思想が、作品を通じてのテーマになりそう。ラストシーンは関係の破綻としての家出を示してるか。

●十日草輔『王様ランキング』/番外編読み切り。ルールを破るのではなく、Win-Winという情。

猪原賽横島一(原作:H・G・ウェルズ)『宇宙戦争』/圧倒的殺戮。ビームの恐怖よ。

●原百合子『繭、纏う』/ダイヤル式電話というのもらしさかねえ。肉体そのものの継続という脈絡ならば、伝統・未来という概念もまた違ってはこよう。各々の感情をあらわにさせる存在。

●二星まゆ(原作:宮沢賢治)『ひかりの素足』/集中新連載。このかわいい絵柄であの話なあ…。

三宅乱丈イムリ』/上手い逆襲であるが、それ以上にかつての同様の策謀を思えば“進歩”としてある光景だよな。一方でイムリ側の敵意は、はたして。

●河合克夫、市川ラク『猫の色』/読み切り。猫マンガ、一応。作者コンビは合作連載もしていた組み合わせだが、連載経験を経ての作画の自由な飛躍はやはり大きい。

羽生生純『この物語でネコに危害はいっさい加えておりません。』/かわいいネコ、プラス籠城一家。いやな予感しかしないよ。

●うすね正俊『砂ぼうず』/生きる目的が見つかった!ていいんだか悪いんだか。

いましろたかし『未来人サイジョー』/雑踏の中でエロ劇画誌を高々とかかげるジジイ、カッコよく見えちゃうよな。なんせ「希望」なわけだし。

近藤ようこ(原作:澁澤龍彦)『高丘親王航海記』/冒険譚だなあ、楽しい。こうして読むとメタギャグ感もあるけど。

中野シズカ『てだれもんら』/BLに富豪はつきもの。(そうか?)

●植田りょうたろう『うたちゃんの宿題』/シリーズ読み切り。なんか涅槃みたいなイメージがふらっと入ってくる作風でもあるのよな。

週刊少年チャンピオン2019年35号

●実樹ぶきみ『SHY』/新連載。チャンピオン連載作家でいうと木佐貫卓あたりもそうだったが、同人出身作家に見られるこの世界観なりディティールなりの全体的なふわつき・寄る辺なさは一体なんなんだろうな。物語とその駆動力という概念が、俺とは根本的に異なるって感じ。

板垣恵介『バキ道』/親子そろって右腕復活展開、ていやいや。隻腕というオリジナリティとかあれだけぶっといてなんだそりゃ。ノリノリの金竜山がある意味癒し。

細川雅巳『逃亡者エリオ』/ハルタ連載の歴史物でもよくある、作品設定を結局は扇情性としてしか機能させられない空虚さ。

渡辺航弱虫ペダル』/作者はこれ描きたかったんだろうな、というのは伝わるが、いかんせんマニアックな“感動”である。

板垣巴留BEASTARS』/山本英夫の『殺し屋1』と『ホムンクルス』のあわせ技みたいな文脈の出血シーン。ある意味作風の目指す所としては近いかもしれない、異形で身体性で内面で。リズもそうだったが、内面を写さない黒丸目の怖さがよく出た新キャラ。ヒキもすごいけど。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/エースも一人で勝つわけではないという。前回ラストの先生はあくまで“初戦”、“初勝利”であったからこそで、今回は抑えてるな。

西修『魔入りました!入間くん』/唯一のトリックプレイチームが真っ先に退場するあたり、作者が展開を作れなかったのだろう。

高橋ヒロシ、鈴木リュータ『WORST外伝 グリコ』/共闘展開は原作の方では燃える要素だが、こう性急にやられてもね…。

桜井のりお『ロロッロ!』/SFオチだ!

佐藤健太郎魔法少女サイト』/最終回。作者ユニバースを示してなんだ、実姉妹百合エンド?まああれよ、Bマイナスの作品をAマイナスであるがごとく持ち上げてみせるチャンピオンクラスタしぐさとか普通に寒々しいわ、と思ってるんで、きっちりB級作品としての本懐はたした本作にはわりと好意的なんだよ私。お疲れ様でした。

●樋田和彦『京四郎』/リバイバル掲載。ここで過去編掲載するのはさすがに企画がずれてる。

石黒正数木曜日のフルット』/チャリティーオークションで出演権買われたネコの登場回。名前かぶり織り込んだネタ。


  • レジェンド作品は『泣くな!十円』『4年1組起立!』。
  • 裏表紙広告はチャンピオン作品キャラとコラボしたパズドラ。だいぶ画風変わるもんだな。

週刊少年チャンピオン2019年34号

  • 巻頭グラビア初っぱなの、ビキニ姿であぐらかいて笑顔で手を頭にあてるポーズから、初代林家三平を連想してちょっとおもしろかった。



細川雅巳『逃亡者エリオ』/新連載。元囚人主人公と逃亡者ヒロイン。ヴィンランド・サガの放送開始と時期重なったこともあり、そういう人道主義ノリかあ、みたいな印象。1000人という数字持ち出す時点で、設定はガバガバでいく、という宣言ではあるが。/余談。セリフが3つしかない某『錻力のアーチスト』botをひさしぶりに見たら、フォロー&フォロワー1000越えのスパムアカウントの溜まり場と化していて苦笑い。

渡辺航弱虫ペダル』/むしろ逆に、1年インターハイ時の坂道が溝のふちを走っていく展開は、作者のMTB経験から描かれたのかなあと。

板垣巴留BEASTARS』/集団戦&初手から目潰し、これは強い喧嘩。「心臓のスピードの違い」「人生の濃度」というセリフは生物学的にもまさに、なんだよな。
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
佐藤健太郎魔法少女サイト』/魔法少女生まれない以上は管理人も増えないわけか。兄貴はラストバトルのオチ要員かと思ってたらまあ。神と人間とAI、という構造ではある。次回最終回。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/ホラーネタ回、ってそこで作中一番ホラーな笛泥棒ちらつかせるんかい。ネタの構成しっかりした回だな。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/新入りの先達を軸に、前回がチームメイト、今回は師弟の情景と。いつも冷静な先生だからこそ、このまなざしと拳は熱い。相手側の描写もしっかりしていてこその、物語の内圧。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/柳の「敗北が知りたい」に対してプロレスラーとしての勝敗論が語られるが、原作の方はグラップラー外伝を経ての死刑囚編で、その辺のおはなし文脈を切っちゃったわけだよね、まあ。

●灰刃ねむみ『足芸少女こむらさん』/縦ロール金持ち少女がテニス。お蝶夫人オマージュかな。てかアンダースコートはけよ。

西修『魔入りました!入間くん』/作者が女性だと知って、女装だの男同士でベタベタだのの描写がますますキツく見える。せめて職能としての媚びだと思ってたら自家発情だったのかよ、その割には技術もこだわりも全然描写に伴ってないよな(素)。

●触媒ヒロオミ『どらコン!』/なんかタラタラした日常回だな、と思ったら20ページ連載枠だったのかこれ。

桜井のりお『ロロッロ!』/合宿回かと思ったらカーアクション回。浦安の大鉄オマージュかな。浮き輪が伏線って。

●よこよこ『こびとのつまみぐい』/読み切り。食マンガ寄り。

小沢としお『フジケン』/リバイバル掲載。この日常劇の地平よ。インタビューも、子供の頃に手塚プロへ電話したとか年齢ごまかしてデビューしたとか、エピソードの利きがいい。


  • レジェンド作品は『ロン先生の虫眼鏡』『サイカチ 真夏の昆虫格闘記』。後者の単行本情報、1巻しか出ずのちにタイトル変更して電子書籍で完結、というのはまあ正直ではあるんだが。