プリパラ雑感(某アニメの“宗教化”に際して)

  • 前段





  • 本論




(了)

週刊少年チャンピオン2019年7号



●原作:高橋ヒロシ、漫画:鈴木リュータ『WORST外伝 グリコ』/新連載。WORST完結も5年以上前か。グリコ過去編。元に似せようとしてるのはわかるが、基本的な技術面で不安がのぞく。/不意打ちの御嶽海関の応援コメントも、あくまで元作品に言ってるわけだしなあ。

石黒正数木曜日のフルット』/10周年記念巻頭カラーなのだが、↑のカラーと本編の間に掲載というのがどうも。長年やってれば絵柄も変わる、というメタネタでもある。/作家陣のお祝いイラスト、お題がデフォルメキャラだからこそ画力に差がのぞく。リアル白川先生の板垣絵はともかく。

板垣恵介『バキ道』/相撲に威厳を、と唱える金竜山が最大トーナメントではプロレスに負けてるんだよな、と。力士VSプロレスラーというTHEドメスティック&フォークロアを経てその後、猪狩の方はダーティーな盤外心理戦、外伝での伝説対決、なんなら最凶死刑囚というグローバル、神話的構造の外部からズタボロにされるまで込みで、ゼロ年代始めまでの“おはなし”の行く末を体現してたとは言えるわけで。では、今にあって金竜山側の目指す神話とはなんぞや、とね。まあ公共の場で力士にケンカ売るというので、パッと思い浮かんだのは『ザ・ワールド・イズ・マイン』最初のモンちゃんなんだけども。

夢枕獏(原案:板垣恵介、挿絵:藤田勇利亜)『ゆうえんち-バキ外伝-』/↑のラストページでの力士に続けて、扉絵で柳が手の平こっちに向けてると、「答えは酸素だ」思い出す。柳無双。

●中村勇志『六道の悪女たち』/悪の心を消すアイテムで無力化、と普通なら主人公側のやることだが。抜け殻すぎる…。

つのだじろう恐怖新聞』/リバイバル掲載。主人公は翻弄される側なんだよなあ。つのだ氏インタビューは相変わらずのビッグマウスぶりですけど、話半分に受け取っておきましょうね…。これを信じる読者の存在とは、すなわち『空手バカ一代』メソッドの再生産なのでは。

●ニャロメロン『ベルリンは鐘 ヤッホー!』/私はもっぱらライブビューイング最前列席で拍手のみなので…。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/サブタイトル「野良タコ」ってミャオじゃないんだ。描き手の意識としては、一ヶ月前の春巻が食い過ぎで路地に詰まるネタと同時発生的に出てきたのかな、などと。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/勢いのあるコマが続く、ということは勝負がつかないということでもある。武の礼節、チームの恩義。今回も吹き出しオノマトペによるコマ間の接続が上手いが、それが技巧として成立するのは、前提としてコマ毎に異なる空間入れてカットバックとしての一連の流れ作れるだけの構成力あってこそなので。絵が上手くなくても漫画を読みやすくする方法、というのも、ページ単位・見開き単位・複数の見開き単位という尺での構成に流用するには限界あるので。

安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』/ドア開ける絵が描けない作者だもの、そりゃ引き戸開ける絵も描けないよ。

荒達哉『ハリガネサービスACE』/そういえば監督親子は結局和解できてないのか、とちょっと笑う。

板垣巴留BEASTARS』/スタンドかよ。正義の食肉、と呼ぶのは自負でありつつ因果だね、しかし。骨肉麻薬は狂牛病からの着想だろうな。

西修『魔入りました!入間くん』/前回の合コンでの、人間(読者)の美的感覚でバケモノなのはそのままバケモノ扱いなルッキズム感もキツかったんだけどさ。今回の舞踏会も、ツノとキバを隠すのが礼儀だ、とより人間っぽい外見の悪魔が諭してくるっていう、なんだ、畸形扱いなのか、ツノとキバは?わざわざ黒い肌、顔にそばかす、気弱という属性付けしたキャラに、種族としての生来の特質であろうツノとキバ隠させるという「古い礼法」守らせてエラいエラいと人間体側から承認してあげる、て美意識として相当グロテスクじゃねえの?この手の、大した思索も覚悟もなく、単なるエモいギミックとしてノリで出される要素ににじむ固定観念≒作中にあっては天然の差別意識、という作り手の雑さが大嫌いなんだよ、俺。『AIの遺電子』に対してはその脈絡で批判しまくってたけどさあ。

●灰刃ねむみ『足芸少女こむらさん』/さすがに図書館の本の扱いについては考えてほしい。てか、なんだこれ。酔う、のダブルミーニングってこと?

平川哲弘『ヒマワリ』/「天下」と書いて「てっぺん」というルビふるのはどうなんだ。言いたいことはわかるが。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/四次元殺法コンビ的な吸血鬼による地獄の砂団子的な何か。すごいぜハンター。

桜井のりお『ロロッロ!』/部長とギャル、作品の良心は引かれ合う…。

●いづみかつき『鬼のようなラブコメ』/新ヒロインは殺し屋なのか。いや、まあ。

●灰谷音屋『ジュニオール』/こっちの美術部は善人のリア充感空間ぽいけど。イケボヒロインはVtuberだった!て、これ物語にどう絡ませるんだろう。わりと期待。

●氷見雷太『ZENRAMAN』/読み切り。熱い馬鹿話。いいんじゃないでしょうか。

石黒正数木曜日のフルット』/二本目、干支が来る。谷岡ヤスジ『アギャギャーマン』に辰年だから龍が来るっていうネタあるけどね、ひたすら不条理です。


  • レジェンド作品は『Let’sダチ公』『フジケン』。92年の作品としてあげられてるのが『キク』『シャカリキ!』『ウダウダやってるヒマはねェ!』。
  • インタビューはヤンチャン学園音楽部の人。なんだそれは。

週刊少年チャンピオン2019年6号

  • 新年号。裏表紙に50周年迎えての巻頭言というかマニフェストというか。見開きキービジュアルも掲載。

  • 複製原画プレゼント、ロロッロの会長くねくねとか吸死のショタドラルクは人気あったのかな。浦安はバチバチオマージュの回だし。



板垣恵介『バキ道』/いや、そこで引っ張り出すんかい金竜山。「世界最大の格闘技組織」ねえ、『バキ』新装版で描かれた最凶死刑囚のその後が関わってきたりするんかしら。

渡辺航弱虫ペダル』/何もここまで1年目と重ねなくても、と思うが。真波との対決時に歌うのは初なんだっけ?

石井いさみ750ライダー』/50周年リバイバル企画、て普通に再掲載なのか。ポエミー。この内容が、あすなひろし青い空を、白い雲がかけてった』と同時期に掲載されてたわけだよな、うん。/作者インタビューは詰め字感あって、濃い。

●村岡ユウ『もういっぽん!』/モノローグ駆使の地道さと見開きによる急転の対比、と試合描写にもメリハリ。拡大・スライドとしてのコマ分節、枠線はみ出す絵や吹き出しによる接続、と構成技術も光る。

●盆ノ木至『吸血鬼すぐ死ぬ』/さすがにこれだけ似たような構図とコマ延々続くと、読みにくさが先にくる。前回もだけど、もっと画面構成上手かったらもっと面白くできるネタだろ、と感じてしまうんだよな。まあ年末進行とカラー原稿に時間とられた結果かもしれんが(普段はもうちょっとマシ)。/(追記)あと「初めて水に触れたヘレンケラーか」は、逸話について作者が勘違いしていると思われる。アダルトチルドレンの件といい、なぜデリケートな所つっこんで自爆するのか感はある。(抑えるのは編集の仕事。)

板垣巴留BEASTARS』/バキアニメの方は毒に侵されたまま終わっちゃいましたな…。器の違いというか、ここまで直情的だからこそ世界に理想を追えるということもあろうが。

浜岡賢次『あっぱれ!浦安鉄筋家族』/新年早々ホラーオチ、もとい、ギャグ漫画らしい投げっぱなし。

西修『魔入りました!入間くん』/人間の美的感覚でバケモノなのは普通にバケモノ扱いされる世界なんだねルッキズム。ファンはこのオチで笑えるのですか?

安部真弘『あつまれ!ふしぎ研究部』/スケートリンクが舞台なら背景の位置関係などどう描いてもごまかせると作者は思ってるわけですが、ファンもどうでもいいと思ってるのでしょうか?

●瀬口忍『ボスレノマ~「囚人リク」外伝~』/最終回。レノマのモノローグは本編中のものとの対比か。諦観ゆえ、とその熱さ自体に寂寥感ただよう終わり方だが、ここから本編につながると思えば。お疲れ様でした。

荒達哉『ハリガネサービスACE』/優勝しなかったら辞退云々はどうなったんだろう。

平川哲弘『ヒマワリ』/え、ラップ?曲が降りてくる、というのは聞くけど、自分で歌うのではなく詩曲提供ならば、プロデューサー側からのもうちょっと細かい注文とか打ち合わせとかあるんじゃないかねえ。海と聞いてワクワクしてるメンバーが震災被害者というのは、地元懐かしんでるってこと?

桜井のりお『ロロッロ!』/新機軸からの伏線回収という真っ当な展開、オチはひどい。

●灰谷音屋『ジュニオール』/相手は相手で対極の背景を抱えてるわけか。次戦はそのぶつかり合いと。

●水森崇史『マウンドの太陽』/最終回。ポーズのサンプリング羅列してるだけで構成の体を成してない、と読み切り時から言ってたが、1年近く連載しても向上見られなかったなと。男二人いればホモキャッキャな某チャンピオンクラスタが序盤だけ盛り上がってたけど、腐女子はケツ持ちしないよなと。まあ誌面的にはいくら描いても上達しない作家なんて珍しくもないんだけど。

●齋藤勁吾『アカトラ』/最終回。力不足は否めなかったが、テンプレ+ゆるふわが幅きかせる誌面にはこういうテイストもちょこちょこ入れてみないことにはねえ。

石黒正数木曜日のフルット』/鳥山明がジャンプで江川達也を見た当初、新人だと思ってた、というのは聞いたことあるが。あと一般誌もしくは商業誌においては新人、とか。


  • レジェンド作品は『いろはにほう作』『樹海少年ZOO1』。
  • インタビューは阪本順治

ミリシタ雑記

下手なりに頑張ってプレイしている『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』ですが、1日で2曲フルコンボできて嬉しかったので画像を貼ります。






「昏き星、遠い月」87回目

「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」ゲーム内楽曲『昏き星、遠い月』MV







「...In The Name Of。 ...LOVE?」102回目

【アイドルマスター ミリオンライブ!】「地球ミラーボウル」「...In The Name Of。 ...LOVE?」試聴動画





以上です。
(了)

コミックビーム2019年1月号

  • クリーム色&銀の表紙カラーリングがカッコいい。過去に『SOIL』もこういうのやってたが、絵が映える。で、片隅に「テクテクテクテク」広告が。



西尾雄太『水野と茶山』/ハサミを投げる、壁村耐三オマージュ!

鳩山郁子(原作:堀辰雄)『羽ばたき』/新連載。ほぼ初めて読む作家なのだが、面白い絵とカットバック。

●原百合子『繭、纏う』/主人公二人がイレギュラーの存在ならば、今回は体制側(システム)の物語。魅惑、魅了。毎回、ラストページの一枚絵を印象的に使ってくる。

●小山健『生理ちゃん』/ナプキン開発者を描いたインド映画「パッドマン」に作者もコメント寄せてたが、こちらも同様のエピソードをゾンビ映画仕立てで。オチがぶっとんでいる。ラフな絵柄だけども、画面構成はしっかりしてるんだよな。

いましろたかし『未来人サイジョー』/1970年大阪。いわゆるビジュアル的な“細部”ではなく、あふれる生活臭という形のディティール。

●伊図透『銃座のウルナ』/あの日々を宿したまま、生きてゆく。グリーンの現状と心境は、未来を思うウルナとの対比でありつつ、かつて彼女が来た道でもあるのだよな。ある意味、『あれよ星屑』とも対になるか。次回、最終回。/余談だが、ハルタ最新号掲載、山本ルンルン『サーカスの娘オルガ』中の戦場の描写も好きです。

松田洋子『父のなくしもの』/マンガかよ。いいえ、ある人生です。

おおひなたごう目玉焼きの黄身 いつつぶす?』/あー、確かにパイナップルハンバーグがあるな。かぎばあさんだって作ってたしな。本筋はひどい、というか、二郎が(会食として)関われない領域、になるのか。

三家本礼『血まみれスケバンチェーンソーreflesh』/そりゃ戦闘経験においては、明らかに主人公の方が上だろうしな。

●飯田ヨネ『ハローハロー宇宙』/読み切り。最近のビームは、わりとベーシックな少女マンガ風味のも載せるようになったな。誌面における癒し枠ではある。

上野顕太郎『夜は千の眼を持つ』/クリスマスショートネタ集。こういう構成許されるのも編集の采配ではある。8頭立てかわいい。

●仲能健児『ベムナ』/読み切り。同じ構成のネタを続けている、ということでもあるんだが、ここまで極北の表現だともう変奏曲みたいなものだし。

●うすね正俊『砂ぼうず』/リアルタイムで15年ぶりの登場、というアオリ見て、あれ、俺そんなに長い間ビーム読んでたのかよ、となるっていう。

新井英樹『KISS 狂人、空を飛ぶ』/前連載は鬱屈、もとい生き地獄の先にカタルシスのある構成だったけれども、本作はとりあえず今のところ、そのカタルシスめいた描写じたい虚構だったという内容なわけで、どうするんだろう、これ。

●ハセガワM『マリアの棲む家』/絵力、エログロ。

●田辺剛(原作:H.P.ラヴクラフト)『時を超える影』/最終回。悪夢から覚めるのではなく、見ていたそれが現前する、という終わり方なのだよな。ラストシーン等、前作『狂気の山脈にて』と対になる作品でもあり。お疲れ様でした。

丸尾末広トミノの地獄』/最終回。尺の問題で唐突感は否めないが、作者らしい幕引きと達成ではあるか。お疲れ様でした。/余談だが、これだけ休載はさんだ作品を「4年10ヵ月の連載」と銘打って記事化するコミックナタリーは雑過ぎるのでは。


  • 市橋俊介のコラム連載200回。こっちの初回はたぶん見ていない。嫌がらせメールも送ってないよ!
  • 次号は『繭、纏う』が表紙&付録つき。売れて!