Fellows! volume 21

●高田健一『ベルチャイルドの鐘』/新連載。西部劇か。あすなひろしも原作もので描いてたりするわけですが、“カッコよさ”追求してこその設定でもあるしなあ。過去に『ブラステッド』掲載されていた雑誌としては、さて。
丸山薫『事件記者トトコ!』/設定明かされ済みだと、うって変わって話はねてきた印象。あと寸胴バニーは短足であるべきではないのか。ちゃんと少女体型の方がいいよ、という人だって少なくないんじゃあないですかね!
入江亜季乱と灰色の世界』/一話丸々魔術バトル。珍しく緊迫してますが、挿入される逢瀬の回想も相まっていいですね。脳虫グロいよ。/でもこれ、「Fellows!Q」掲載の“番外編”が前日譚にあたるんだよな。それはちょっとなあ。
●長蔵ヒロコ『恋色カラス』/読み切り。赤面かわいい。
宮田紘次『犬神姫にくちづけ』/泣き顔かわいい。課長は発言あけすけ過ぎるわ、このシマコー!(悪口)
●原鮎美『でこぼこガーリッシュ』/コロンボ知ってるんだ。お前らいい奴だな!
高橋拡那『しらまり』/これ全部が全部やらせだって考えると、ある種メタ視線で楽しめるかも。エロ本とかもだけど、こういうポエムって編集者が書いてるのかね。
福島聡星屑ニーナ』/えええええ。どうすんのこれ。地球上にアレがまだ残ってる?
室井大資『秋津』/えーと、『あたしンち』のつもりで読んだら『ぼくんち』だった、みたいな。不可避の関係性が前提じゃないと、父ちゃんの悪魔性が別の意味になっちゃうんだよね。笑いまくりましたけど。
笠井スイジゼル・アラン』/出来る、ね。出来ることがある、ね。ある種、子供ならではの、でも大切な喜びです。
森薫乙嫁語り』/まさかの修行編突入、嘘。ええお母ちゃんや…。
●高田築『補助隊モズクス』/おっしゃキター!なんつうかパンクさが、この「Fellows!」という誌面にあってのそれが!暴力!出血!四肢断裂!ちゃんと素直に喜びますよ私は、こういう巧い異色さで。/一話に出てた、前の補助隊管理者はホテルだけ守ってた(しかも虫に殺された)、という発言内容も、今振り返ると味わい深い。
なかま亜咲健全ロボ ダイミダラー』/キガシラか…頭がキの字か…。
●二星天『こたつとみかんの幸福論』/読み切り。目黒の秋刀魚的一発ネタ、にしてもボケ長過ぎねえか。
睦月のぞみ『兎の角』/…今さら何言ってんだてめえ。(歯ぎしりしながら)
●長澤真『瑪瑙之竜』/昔、アイスホッケーのテレビゲームがあったんですが、試合中に殴り合いの格闘モードが挿入されるシステムでした。
中村哲也『愛のさかあがり』/読み切り。今度はファンタジーか。説明しないのはSF的粋ととります。悲しいシメで好き。
●紗久楽さわ『かぶき伊左』/まったく発想になかったけど、舞台設定的には格好の展開といえるかも。一瞬ヤンデレかと思った。
天乃タカ『ましまろ文學ガール』/これ、そういう“料亭”という解釈でよろしいんでしょうか。
しおやてるこ『たまりば』/最終回。いいエピローグだ。連載しながら作者が伸びていくのも見てとれて、おもしろい作品でした。寂しくなるなー。
●冨明仁『ワンツーマンゴー』/最終回、て早いなおい。高い画力でおバカな世界描く、てことでBoichiのそれみたく結構楽しめました。
●原鮎美『でこぼこガーリッシュ』/そういや設定上、どちらも貧乳なのね。そしてなぜか乳首露出。なぜか、てこたねえか。
天乃タカ『初恋』/シリーズ読み切り。「笑顔」か。『キラー7』言うところの「I have never seen such a beautiful smile.」だな。/次回より「Fellows!Q」移籍とのこと。
久慈光久狼の口 〜ヴォルフスムント〜』/攻城戦。とはいえ変わらず圧倒的蹂躙ですな。兵糧断ちってわけにゃいかんのか。
橋本みつる『夜の旅 その他の旅』/読み切り。言葉にしちゃうとアレですが、青春の不安ってやつをビビッドに突いてきてて好き。/来月単行本2冊発売とのこと。誰担当かしら。
●百名哲『演劇部5分前リターンズ』/最終回。いやよかった、すばらしい幕締めだった。/これはあの、はっきり言って俺は前半、連載の速度ではまったく見えてなかったんですよ、やろうとしてることが。タイトルリニューアルして、笑いを隠し味にするようになってから伸びてきたな、くらいの印象で。でもテーマとしては最初からあったもので、目つける人はちゃんとそこ見てすくって掲げてたわけですよ、これがこの作品の価値なんだ、と。(「たまごまごごはん」2010年1月20日付ブログ記事。この記事を書いた人がアニマス評価してるというのは、もうわかりすぎるほどわかる。両方好きな身として、ちゃんとこういう人がいるんだという事実が、とてもうれしい。)それは私はね、読み手としてそこにドライブかけて突っ切ることできなかったのが、正直くやしい。それは幸福なんですよ、正誤じゃあなくてさ。そう自分は思うんだ、そこをいいと思うし好きなんだ、と言えることが。体重かけた立ち位置としてそれ選んで示せることが。ああもうなにグチってんだか。/いや本当、いい作品でした。熱かった、一回ひねって熱かった、それがこの人だ。ありがとうございました。
近藤聡乃『今夜の思い出』/読み切り。高野文子的センスを感じさせられますが、内容は記憶と色恋、最後は排泄いっちゃって締め、と地に足着いた、もとい生身な展開といいますか。/『うさぎのヨシオ』単行本が4月発売との報。


  • 次号より、緒方波子新連載。樫木拓人「ハクメイ&ミコチ」シリーズ、佐野菜美『坂本ですが?』連載化。
  • プレゼント企画あり、ということで森薫の単行本宣伝漫画掲載。やっぱりこういう形でもいいから、単行本広告はあった方がいいと思うんですが。